• ホーム
  • 女性に急増!隠れ水虫になっている人が多い

女性に急増!隠れ水虫になっている人が多い

脚にクリームを塗る女性

おじさん達の病気として名高い水虫、でもとにかく高温多湿環境が出来れば白癬菌は誰の元でも増殖していきます。若い女性達の間でも水虫は流行しているのです。とはいえ中年男性がなる以上に外聞の悪い話、だからこそこっそりと悩んでいる方が多かったりします。女性の水虫を隠れ水虫と呼ぶのはそのためです。

隠れ水虫であろうとも白癬菌が関係する立派な病気、隠してばかりいないで適切な処置をしないと自然治癒するようなことはありません。

男性が革靴の中に菌が発生するのと同じく、女性の場合にはヒールやブーツが影響します。男性同様、仕事をする方も多くなった今はスーツにヒールとストッキングという方も多いでしょう。ブーツプラスストッキングという方もおり、外は寒くとも暖房の効いたオフィスやショッピングモールを歩き回った結果、蒸れるのです。ストッキングのナイロン素材は思っている以上に吸水性が低いです。それに、つま先の細い靴が指と指の間を開けなくして湿気が溜まり易く、菌によっては最適な空間となります。

せめて休日くらいは・あるいは仕事帰りは、ナイロン素材の蒸れ易いストッキングは履かず蒸れることなく通気性の良い靴を履くようにしてみてはいかがでしょう。休憩時間にアルコール除菌シートを使ったり、男性同様2足を履きまわしたりといった予防法を試してみることもおすすめです。

かゆみが無いから水虫ではないと病院に行くことを放置している方も多いです。でもその症状は様々で、かかとがカサカサで困っているのも水虫の症状だったりという場合もあります。カサカサかかと以外に、爪に白癬菌が付く爪水虫というのだってあります。進行して行くと、マニキュアで隠すのもままならなくなることもあるでしょう。自分だけではなく隠れ水虫患者は多いのですから、医師達も特に何のリアクションもないはずです。恥ずかしがらず早期発見早期治療をおすすめします。

もしも皮膚が健康な状態であれば菌が付着しても24時間以内なら、石鹸でよく洗って乾かしたら感染しないのです。そのため、日頃から予防に努めるのも良いでしょう。とはいえ、足裏に微細でも傷があればすぐに感染することもあり、清潔にしていれば絶対安全とは言い切れないのです。どこででも感染する白癬菌、決して水虫イコール中年男性とは言えないのが現状です。むしろ、病院に行くことも出来ず悪化している方が多い分女性患者の方が多くなっているかもしれません。